初心者でも勝ちトレーダーになれる ライントレードFX

東京株式市場概況

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日経225先物は、前日大引比200円安の13730円で取引を終了。為替市場でドル円が上昇するなど外部環境の悪化で売りが優勢となり、「債券先物買い・株価指数先物売り」も出て軟調な展開に。一時は270円安の13660円まで下げ幅を広げる場面もあった。前後場合計の売買高は12万5346枚で、連日で10万枚の大台超え。
前日の米株高を受けて買いが先行したが、節目の14000円で上値を抑えられ、上値の重さから売りが優勢に。前場の香港株式市場でハンセン指数が下落したことに加え、GLOBEXでS&P500先物が日本時間の朝に高かったものの下げに転じた。
SGX225先物は前日清算値比185円安の13745円で取引を終了。

人気ブログランキングへ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© トレード術を学ぶ黒田のFX塾 , 2008 All Rights Reserved.