FXチャート-為替相場観_2017.6.22:戻りがあって節目が意識されているので・・やっぱり・・

こんにちは、黒田です、、
よろしくお願いいたします、、

早速ですが、ドル円を見てみましょう、、

まず、チャートを見てください、、

これはドル円の日足のチャートです、、

前回、矢印を引っ張って下がっているから売る、
ということを書きました、、

それでその後ですが、
そのまま下がることはなく、
一旦戻りを入れて、やや下落気味に推移しています、、

赤いラインを見てください、、

青○はこれまで節目となっているところで、
赤○の左側は直近の高値ですね、、

そして、赤○の右側、、
同じように赤ラインの節目レベルで2日間抑えられて、
本日は今のところですが、やや下げています、、

「これでもう今後は下がる」ということを
言いたいのではありません、、

これまで何度も言っていますが、
今後相場がどうなるのかは予想できません、、
分からないのです、、

でも、ひとつ言えることは、
現状、赤ラインレベルの節目で抑えられて
やや下げているということは、
今後、この赤ラインレベルを超えない限りは
少なくともそれ以上の上昇はないということです、、

そんなの当たり前だろ!
と思う方も多いと思いますが、
そうなんです、、当たり前なんです、、

上に行けなければ下に行くしかない、、
その逆もしかり、、

そういったところで私はトレードしていますし、
多くの方がこれで勝っています、、

ちょっと主観的になってしまいましたが、
買いか売りかと言われれば、

少なくとも赤ラインを上抜かない限りは売り、、
ということです、、

なお、個人的には一番上の青ラインを
上抜くまでは売りで攻めたいと思っています、、


Comments are closed