初心者でも勝ちトレーダーになれる ライントレードFX

FXトレーダー育成教材はこちら

【黒田節】 テクニカル分析

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

引き続き、「SGX225」の日足チャートです。
画像をクリックすると拡大します。

SGX225 12月限 日足 1029

前回(10/26)のテクニカル分析では、引き続きチャネルラインについて書かせていただきました。
内容は下記の通りです。

結果として、昨日の安値はこれまで引いていたチャネルライン下限の延長線上であり、やはりここを意識してきた感じです。
これで、3点結べましたので、これまで以上にトレンドラインがサポートとして機能してくるかと思います。

そうなると、前回書きました16700レベルが第一レジスタンス、そして17000が大台です。

週明けである本日の動きを見ていると、今のところ、下ヒゲを伸ばすことなく始値よりそのまま上昇しています。

前回書いた3点の上昇トレンドサポートが意識されている証拠かと思います。

さて今後ですが、すでに16700を上抜いていますので、この次は大台である17000。
その前に16850辺りも軽いレジスタンスとして機能するかもしれません。

仮に、17000をしっかりと上抜いてサポートに転化できれば、17500までは大きな障害はないと思います。

逆に、抑えられるようなことがあると、失速して急落の懸念が出てきますので、その際は注意が必要です。

人気ブログランキングへ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トレード術を学ぶ黒田のFX塾 , 2007 All Rights Reserved.