初心者でも勝ちトレーダーになれる ライントレードFX

FXトレーダー育成教材はこちら

【黒田節】 テクニカル分析

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

画像のチャートは「SGX225」日足です。
クリックすると拡大します。

SGX225 12月限 日足 1026

前回(10/24)のテクニカル分析では、チャネルラインを引いてご案内しました。

そこでは、
これを前提にするならば、チャネル下限の線からは逆張り(買い)が面白い戦略となりそうです。(現在のところ、有効に推移しています。)

但し、しっかりと割り込んでくるようでしたら早めに逃げるのが得策かと思います。
仮に上手くいった場合、上値のターゲットとしては、まず16700レベルが意識されて、次に17000の大台、そしてチャネル上限ラインかと思います。

と書きました。

結果として、昨日の安値はこれまで引いていたチャネルライン下限の延長線上であり、やはりここを意識してきた感じです。
これで、3点結べましたので、これまで以上にトレンドラインがサポートとして機能してくるかと思います。

そうなると、前回書きました16700レベルが第一レジスタンス、そして17000が大台です。

逆に、このトレンドをしっかりと割り込んでくるようですと、16000、15500といったレベルは狙われる可能性は高くなると思います。

人気ブログランキングへ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トレード術を学ぶ黒田のFX塾 , 2007 All Rights Reserved.