資産と負債について

みなさんは、「資産」や「負債」と聞くと
何をイメージするでしょうか、、


まず、資産から、、

多くの人は、資産というと預金や家、自動車、
土地、貴金属等々、あとで換金できるものを
資産と捉える方が多いようです、、


また、負債とは、

借金やローン等、支払い義務があるものと
捉える人が多いです、、


これはこれで間違ってはいないのですが、
あの「金持ち父さん貧乏父さん」で有名な
ロバート・キヨサキさんは、資産と負債について、
明確にその意味を示しています、、


ロバートさん曰く、

資産とは、ポケットにお金を入れてくれるもので、
負債とは、ポケットからお金を出してしまうもの、、


これを前提に、再度資産と負債について考えると、

例えば、「家」を見てみましょう、、

ここでは「持ち家」のことですが、
この「家」は一般的には資産と考えれます、、

でも、単なる持ち家は資産ではなく、
「負債」になります、、

なぜなら、持ち家は購入後、ローンをはじめ、
メンテナンス費用、また固定資産税等、
様々な出費が重なりますが、
自分自身が住んでいるだけですので、
何も収入には繋がっていません、、

将来、財産になるんだし、、ではないんですね、、

経済成長時の右肩上がりの時代とは違い、
現在は、ものの価値が上がるものもあれば、
下がるものもあります、、

そういう意味で、家は基本的には負債になります、、


ただ、同じ「持ち家」でも
負債ではなく、資産となることもあります、、

それは、どういった場合でしょう、、

例えば、同じ家でもそれを自宅にするのではなく、
賃貸として貸し出せば、毎月の家賃収入を
もたらしてくれますので、
家に関する支出よりも、収入のほうが多くなれば
それは「資産」となります、、


同じ意味で、自動車もそうですね、、

単に自分で乗っている車なら、
自動車ローン以外にも、駐車場代、ガソリン代、
自動車税にメンテナンス費用等々がかかります、、

そのうえ、車の価値はどんどん下がっていきます、、


なので、フェラーリやクラシックカー等、
自動車の価値自体が下がらず、
転売による利益が見込めるものでなければ、
それは「負債」になります、、


ということで、投資を行う場合には、
この「資産」と「負債」についての定義を
よく理解したうえで行うようにしてください、、


これを理解しないと、
そもそも投資は何のため、、ということも
分からないまま、闇雲に行ってしまいますので、、
しっかり覚えておきましょう、、