ローソク足とは

ローソク足とは、ある期間(例、一日、1時間、5分等)における4種類の値段(始値・高値・安値・終値)をローソクの形にして表したもので、世界で一番工夫されている罫線であるといわれ、日本人が開発したものです、、

このローソク足、、

1本だけでもいろいろな解釈ができますが、
数本合わせるともっと詳しい解釈ができます、、

まずは、基本的なところから見てみましょう、、

ローソク足0

ローソク足①

ローソク足②

ローソク足③

ローソク足④

ローソク足⑤

ローソク足⑥