取引手数料が無料とは

FX会社の取引内容を見ていると、
「手数料は無料」という言葉が多く見られます。

むしろ、無料が当たり前くらいの感じでどの会社も
無料にしている状況です。

で、ここで疑問が湧いてきます。

FX会社は手数料を無料にして一体どこで利益を
上げているのだろう・・・

この疑問は当然のことで、
FX会社もボランティアで行っているわけでは
ありませんので、ちゃんとカラクリがあります。

カラクリと言ってしまうとFX会社が何か不正をして
いるような感じがしますが、そうではなく
為替の仕組み上でそのようになっています。

では説明しましょう。

FX取引を行う場合、必要なコストは2種類あります。

その2種類とは、

取引手数料と、スプレッドです。

まず「スプレッド」ですが、
スプレッドとは、為替レートの「買値と売値の差」
のことです。

為替の場合、買うことができる値段と、
売ることができる値段は同値ではありません。

仕入れ値と売却値に差があることと同じ仕組みですが、
今の段階ではスプレッドというものがあることを
知っていればいいです。

詳細は「スプレッド」のところで説明いたします。

次に、取引手数料

これはそのまんまで、
例えば1万ドルの取引ごとに○○円の手数料が
かかります、というものです。

実は私が証券会社でFXの営業をしていた頃は、
1万-9万→ 1万毎に1,000円
10万-90万→ 10万毎に8,000円
100万以上→ 100万毎に60,000円 でした。

これを見て高い!と思う方もいるかも知れませんが、
外貨預金と比較すると、
例えば、外貨預金で100万ドルの取引をしようとすると、
手数料だけで100万円かかります。
1ドル1円の手数料だから当然ですね。

ですから、外貨預金の100万円と比べても
FXなら6万円ですから、非常に安いということ
だったんです。

でも、FX業界もデフレの影響で価格競争が激しくなり、
結局手数料を徴収している会社はほとんど無くなって
しまいました。

まあ、取引する側にとってはいいことなんですが・・・

そのうえ、スプレッドも狭くなってきましたから、
FX会社は薄利多売を余儀なくされて、
どんどん弱って行ってしまったのです。

FX会社の味方になる訳ではありませんが、
単に安いからいい、というのはサービス低下にも
繋がりますし、どこかで帳尻が合うようになって
いますので、そこはよく知っておいたほうがいいです。

ということで手数料の話でした。



FXとは
FXの仕組み
店頭デリバティブ取引とは
外貨預金との違い
取引するには資金はどれくらい必要か
ツーウェイプライスとは
スプレッドとは
証拠金取引とは、レバレッジとは
スワップ金利とは
インカムゲイン・キャピタルゲインとは
売りから始めるとは
ロスカットとは
信託保全とは