ロスカットとは

ロスカットは、非常に重要なルールです、、
証拠金取引であるFX取引では、
きちんと理解したうえで取引する必要があります、、

もし、理解が曖昧な方はここでしっかりと理解して
トレードするようにしてください、、


まず、ロスカットとは、
顧客が保有しているポジションが含み損を膨らまし続けて、
一定の水準以上に含み損が膨らんだ場合、
それ以上の損失拡大を防ぐため、保有しているポジションを
強制的に決済することをいいます、、

いかがですか?

上記をもっとカンタンに書いてみましょう、、

まず、ロスカットとは、顧客が持っているポジションが、
思惑とは逆の方向に進んでしまって、含み損も膨らんで
いる場合に、これ以上含み損が膨らんだら、
投資資金だけではなく、投資資金以上のマイナスが発生する
恐れがあるので、そのリスクの手前で強制的にポジションを
決済して、投資資金以上のマイナス発生を防ぐ仕組みです、、

いかがでしたか?


別な角度から言いますと、

FX取引は証拠金取引なので、本来必要とする資金よりも
少ない資金で取引を行っているので、
相場が思惑とは逆方向へ向かって含み損が膨らんだ場合、
証拠金以上のマイナスが発生するリスクがあります、、

場合によっては、証拠金以上である投資資金以上の
マイナスを被ることもあります、、

このリスクを防止するために、事前に「一定基準」に達したら
強制的にポジションを決済するルールが「ロスカット」です、、

では、この「一定基準」とは何でしょうか、、

一定基準については、各FX会社によって違うので、
ここでは一番採用されている100%のルールで説明します、、

※100%のルールとは、私が勝手に言っているもので
 そのような定義はありませんが、便宜上使います、、


例えば、1ドル=120円のときに、1万ドルの買いを
投資資金5万円で始めた場合、で考えてみましょう、、

まず、1ドル=120円のときに、1万ドルの取引ですから
証拠金率が4%の場合、証拠金は4.8万円になります、、
※120円×1万ドル×4%=4.8万円


100%のルールとは、上記でいう4.8万円(=4%相当分)を
基準として(100%として)、純資産がこの100%を
割り込んだら、持っているすべてのポジションを
強制決済するものです、、

※純資産額とは、現金である投資資金から、
 ポジションを持った後の決済をする前の
 評価損益(=含みの差損益)を差し引いた額です、、

 例えば、投資資金が100万円で、仮に保有している
 ドル円のポジションの含み益が10万円なら、
 純資産は110万円で、
 逆に、含み損が10万円なら純資産は90万円です、、


したがって、投資資金が5万円ですから、
「50,000円-48,000円=2,000円」なので、
純資産が48,000円以下(含み損が2,000円以上)
になったら、その段階で強制決済のロスカットです、、

2,000円分のマイナスとは1万ドルの取引ですから
値動きでいうと「0.2円(=20銭)」ですね、、

つまり、120.00円から0.2円を差引いた「119.80円」に
なったら純資産が証拠金の4.8万円を割り込むので、
結果としてロスカットになってしまうということです、、

もし投資資金が5万円ではなく、6万円の場合なら
「60,000円-48,000円=12,000円」なので、
12,000円分である1.2円、
つまり「120.00円-1.2円=118.80円」になったら
ロスカットになるということです、、


厳密には、スワップ金利等も考慮しなければ
なりませんが、仕組みを理解するにはこれで十分です、、



FXとは
FXの仕組み
店頭デリバティブ取引とは
外貨預金との違い
取引するには資金はどれくらい必要か
取引手数料が無料とは
ツーウェイプライスとは
スプレッドとは
証拠金取引とは、レバレッジとは
スワップ金利とは
インカムゲイン・キャピタルゲインとは
売りから始めるとは
信託保全とは