投資資金と取引量を決める

相場でトレードを行うのに、必ず決めなければ
ならないことがあります。

それは取引量です。

1,000通貨なのか、5,000通貨なのか、
10,000通貨なのか、30,000通貨なのか、
100,000通貨なのか、1,000,000通貨なのか、

それぞれありますが、
これを決めなければ売買ができません。
それ位大事なことです。


では、取引量を決めるにはどうしたら
いいのでしょうか。


方法としては、以下の3つの兼ね合いで
決めればいいかと思います。

①投資資金から決める

②利益目標から逆算して決める

③許容できる損失額から決める


以下、具体的に見てみましょう。

具体的に見るために、例としては
すべてドル/円の取引で、
売買レートは1ドル=100円です。

では、①投資資金から決める、からです。

仮に、投資可能金額が10万円としましょう。

そして、ドル円の最小取引単位の1,000通貨で
考えると、1,000通貨の取引証拠金は、
100円×1,000ドル×4%(証拠金率)=4,000円

これで、1,000通貨の取引をするのに、
4,000円の証拠金が必要であることが分かりました。

では、投資資金が10万円ならば、
何通貨の取引まで可能なのでしょうか。

それは、100,000円÷4,000円=25

1,000通貨×25=25,000通貨

これで、投資資金が10万円ならば
最大で25,000通貨までの取引が可能という
ことが分かりました。

これはあくまでも「最大で」ということです。
「できる」と「やっていい」は別ですので、
ご理解ください。


次に、②利益目標から逆算して決める、です。

仮に、1トレードの利食い目標を1万円としましょう。

すると、1万円の利益を得るには
どれ位の取引量で行えばいいでしょうか。

例えば、対円の通貨ペアで10,000通貨の取引の場合、

「(売値 – 買値)× 取引量 = 差損益 」 ですから、

10,000円の利食いをするには、

10,000通貨なら、1円の変動が必要です。

1,000通貨なら、10円の値動きが必要ですね。

これが、100,000通貨なら0.1円(10銭)の値動きで
利食いできてしまいます。

同じ10,000円の利益でも、取引量によって
必要な変動幅が違いますので、きちんと理解する
ことが必要です。

ちょっと大きな話ですが、
100万円の利益を得るには、100万通貨の取引を行なえば
1円の変動で取れてしまいます。

しかし、これが1,000通貨の取引なら、
1,000円変動しなければなりません。

100円のドル円が1,100円になることは想像
できませんよね。

売買を繰り返して、1,000円分の値幅を取ることも
理論上は可能ですが、現実的ではありません。

話を戻しますが、
取引量によって同じ変動でも大きな差がでることを
理解してください。

なお、利益と損失は表裏一体です。

10,000通貨で1円変動すれば、
10,000円の利益にもなりますが、
逆になれば、10,000円の損失になります。


最後に、③許容できる損失額から決める、です。

これは②ができればカンタンですね。

例えば、1回のトレードでの損失を1,000円までで
抑えたい場合、

1,000通貨の取引なら1円分の値幅を見ることができ、

10,000通貨の取引なら10銭(0.1円)の値幅を
見ることができますが、

100,000通貨の取引なら1銭(0.01円)の値幅しか
見ることができません。

このように、許容できる損失額から計算することも
重要ですので、しっかりと理解してください。


最後に、冒頭でも申し上げましたが、
上記の①、②、③を合わせて、その兼ね合いから
取引量を決めることが大事です。

単に、いくら儲けたいから・・・だけで
決めることはしないでください。

なお、投資資金の決め方については、
上記の取引量を決めることができれば、
自然と決めることができますね。


 トレードを行ううえで一番重要なこと
 リスク管理は守備練習と同じ
 自身を把握しよう
 投資資金と取引量を決める
 取引通貨ペアの候補を決める
 エントリー(建玉)の理由が述べられるか確認する
 1回あたりのトレードの損失額を決める