損切りは必要経費である

トレードを行う人の中で、
損切が出来ない人は多いです、、


損切をすると損失を確定させることになるので、
それはしたくない、、


損切するまでの含み損は、
損切して確定するまではあくまでも
「含み」なので、相場が回復するまで待つ、、

等々、含み損は損ではないという方が
多いのにはビックリです、、

その気持ち、よく分かります、、

一度、利益を見てしまうと
それが確定されていなくても
もう自分のものと思ってしまうんですよね、、


でも、

でも、よーく考えてみてください、、

例え「含み」でも損失は損失なんです、、


現金から減っていないだけで、
仮にその時点で決済をしたら、
それしか残らないんです、、

では、含み益はどう考えますか、、

一度、大きな含み益が出た後で、
相場が反転して含み益がなくなった場合でも、
「あれは含みだからしょうがない・・」と
スッキリできますか、、


できないんです、、
できれば苦労しないんですよね、、


もっと早く利食いしておけば良かったと
後悔したことはありませんか、、

そうなんです、、
それで、利食いが早くなってしまうんです、、


同じ含みなのに、損と益では扱いが違うのは
どうかと思います、、


で、結論は、

含み益は、確定するまでは分からないとし、
含み損は、現在の損失だから早く対応しないと、

というのが理想です、、



これまで、いろいろと書きましたが、
これからが本題です、、

「損切は必要経費」

この意味を理解できますか、、

損切は誰でも嫌なものです、、
好きで損切をする人はいません、、

本当はしたくないが、しなくてはならない
ものだから経費と考える・・

確かにそれでもいいのですが、
それだけでは20点です、、


本当の意味は、

相場が予想とは逆に行ってしまったので、
早めの損切で損失を小さくし、
次のトレード資金に充てる、、

そして、次のトレードでしっかりと
利益を得ることができれば、
前回の損切は経費となり、

その経費を使ったからこそ、
次のトレードで勝つことができた、、

これが、私の言いたい意味です、、


損切が遅れてしまったために、
必要以上に損失額が大きくなってしまい、
その結果、次のトレードに影響を
与えてしまっては何にもなりません、、


相場の先が読めない以上、
思惑とは逆になってしまうことはあります、、

これを予想は間違ってない、などと言って
損切を遅らせて、次のトレードができない、
というのは愚の骨頂です、、

必要経費は少ないに越したことがないのと
同じように、損切も自身で決めた損失以上は
出さないように、経費を抑えて、
次のチャンスを狙ったほうが得策です、、

ですから、仮に損切となってしまっても、
それは必要な経費と捉えて、
そして、きちんと損切できた(経費を
抑えられた)ことを嬉しく思えることが
大事ですね、、


– 自身の取引ルールを決める
– すべては自己責任
– トレードは、エントリーと決済のセット
– トレードの練習はデモ口座→最小ロット
– 損切りは必要経費である
– 勝率にこだわるな
– 相場に魔法や秘密なんてない
– 多くの人は勉強も練習もしていない、、
– うまくなるには、練習と失敗を繰り返す以外に方法はない
– 目標をもって、逆から考えてみよう