トレードの練習はデモ口座 → 最小ロット

これまで何度も書いてきましたが、
スポーツは練習しなきゃ上手くなれません。

語学も練習しなきゃ話せるようになりません。

試験だって、勉強だけではなく
アウトプットの練習をしなきゃ落ちてしまいます。

将棋や囲碁でもそうです。

しかし、世の中には
投資は別物と考えている人がいます。

投資は、うまい話があればそれで儲けられる。

トレードの上手い人のやり方を真似れば
勝てるようになる。

このように、投資だけ道理が通じず
別物と思っている人がいます。

でもこれでは絶対に勝てません。

いきなりのビギナーズラックで
勝ちトレードを何回か行う人はいます。

しかし、練習もしないで、
何年もトータルでプラスにもっていける人を
私は知りませんし、聞いたこともありません。

勝っている人は皆、きちんと勉強して
練習して、勝てるようになっています。

ですから、ウマい話には乗らずに、
きちんとご自身の技術が身に着けられるように
なっていってください。

で、本題です。

結局、どのように練習したらいいのか、ですが、
それは、初めての方は必ずデモ口座で
行ってください。

どの会社のデモ口座がいいですか?

と聞かれる事がありますが、
これは、各人の好みがありますので、
一概にここの会社がいいですよ、とは言えません。

ただ、あまりマイナーではなく、
1,000通貨単位で取引できる会社を選んでください。

いきなり10,000通貨単位からですと
リスクが高くなりますので、
最初は1,000通貨単位の練習ができるように、
会社選びをお願いします。

そして、順番としては、

①デモ口座の会社選び
 ※何社か行っても構いません。
  むしろ、そのほうがいいです。

②1,000通貨単位でトレードの練習

③慣れてきたら、2,000通貨単位で練習
 ※半分だけの決済等、1,000通貨だけでは
  できないことを行います。

④慣れたら、5,000通貨単位で練習

⑤慣れたら、10,000通貨単位で練習

⑥慣れたら、50,000通貨単位で練習

⑦慣れたら100,000通貨単位で練習

⑧慣れたら、デモ口座ではなくリアル口座で
 1,000通貨単位から練習

⑨慣れたら、リアル口座で2,000通貨で練習

⑩慣れたら、リアル口座で10,000通貨で練習

⑪慣れたら、ご自身のスタイルに合わせた
 トレードで行う

こんな感じです。

きちんと練習し、
徐々にリスクを上げていってください。

練習する内容は、

売買方法
リスク管理
損切の設定と励行
利食いの仕掛け

等々です。

決して安易に考えず、
ご自身に合ったレベルで行ってください。

小事が大事です。

何度も行って体で覚えてください。
考えるのはエントリーまでで、
その後は機械的な作業になります。

通常のドライバーが、バスやトレーラー、
ましてやレーシングマシーンを
運転できないのと同じように、
背伸びせず、自身のレベルに合せた
トレードを心掛けてください。


– 自身の取引ルールを決める
– すべては自己責任
– トレードは、エントリーと決済のセット
– トレードの練習はデモ口座→最小ロット
– 損切りは必要経費である
– 勝率にこだわるな
– 相場に魔法や秘密なんてない
– 多くの人は勉強も練習もしていない、、
– うまくなるには、練習と失敗を繰り返す以外に方法はない
– 目標をもって、逆から考えてみよう