トレードは、エントリーと決済のセット

多くの方を見ていると、トレードするにあたって

・ニュースを確認したり

・分析ツールを利用したり、

・レポートを確認したり、

いろいろと事前に確認をしています。

でも、多くの方を見ていると、
上記の確認は「買い」なのか「売り」なのかの
エントリーのためであって、その後のことは
あまり気にしていないように思えます。

一生懸命勉強して、悩んで、
思索してトレードを行うのですが、
ほとんどの方がエントリーだけしか
決めてないように見えます。

そして、エントリーしたポジションが
利益をもたらすのか、損切になるのか、
それしか見ていないように思えます。

でも、良く考えてみてください。

トレードはエントリーして終了ではありません。

エントリーした後、どのように決済するのか、
ということもトレードに入ります。

エントリーして、決済して損益を出すまでが
トレードになりますから、
もし、エントリーして終わっている人がいれば
直してください。

トレードは、エントリーして決済して、
損益を出すまでのセットで考えてください。

なお、私個人としては、
エントリーよりも決済の方が重要と思っています。

極端な話ですが、
エントリーはどちらでも構わないと思っていて、
仮に、エントリーをサイコロで決めても、
決済をしっかりと行っていれば、
最終的には勝てると思っています。

それ位、決済の方が重要です。

結局のところ、エントリーに時間を割く位なら
決済で悩んだほうがいいですね。

以上は極論ですが、
エントリーだけ考えるのはやめてください。


– 自身の取引ルールを決める
– すべては自己責任
– トレードは、エントリーと決済のセット
– トレードの練習はデモ口座→最小ロット
– 損切りは必要経費である
– 勝率にこだわるな
– 相場に魔法や秘密なんてない
– 多くの人は勉強も練習もしていない、、
– うまくなるには、練習と失敗を繰り返す以外に方法はない
– 目標をもって、逆から考えてみよう