予想したところで当たらない

相場でトレードを行う際に
みなさんがやることは、相場動向を予想することですね。

確かに、売買を行ううえで「買う」か「売る」を
決めるには相場を予想しなければできない、というのも
分からないこともないです。

でも、よく考えてみてください。

予想などしなくても売買を行うことは可能なんですね。

多くの方々は相場を予想します。

そして、当たった(@°▽°@)  外れた(ToT)

といって一喜一憂して、勝率に拘って、
気づいたらマイナスになっていて・・・

よーく考えてみてください。

予想が当たった = 勝った

予想が外れた = 負けた

ではなく、

予想が当たった ≠ 勝った

予想が外れた ≠ 負けた

ということを理解してください。

仮に相場の予想が当たっても、
損切になることもあるし、

逆に、相場の予想が外れても、
利食いになることもあります。

相場予想①

少し難しいかもしれませんが、
トレードを継続していけば
分かるようになりますので、安心してください。

要は、私が言いたいのは、

相場は予想しなくてもいいんだよ、
相場を予想しなくても勝てるんだよ。

ということです。



 – 予想したところで当たらない
 – 相場は変化するもの
 – 変化に対応するのが大事
 – 相場は流れに乗るのが一番
 – 相場はシンプルに考えよう
 – やっぱり相場は予想できてもダメ・・
  対応できなきゃ負けてしまう・・・

 – 消費や浪費は本当にムダなのか?