イフダンOCO注文(If Done OCO Order)

イフダンOCO注文は、イフダン注文とOCO注文を
組み合わせた発注方法です。

具体的には、イフダン注文で一次と二次の注文を
しますが、二次の注文はOCOで行うというものです。

では、例を挙げてみましょう。

例.
現在、ドル円が100円なので、98円まで下がったら
買いたい。
もし買えたら、そのポジションが100円まで上昇したら、
2円分の利益を確定させるために売りたいが、
逆に相場が下落してしまって97円まで下げた場合には、
1円分の損失を確定させるために売りたい。
といった場合に、イフダンOCO注文を下記のようにします。

一次注文: 98円でドル円の買い指値
      ※現在値よりも安くなったら買う、なので
       指値になります。

二次注文①: 100円でドル円の売り指値注文
       ※一次注文の100円よりも高くなったら売る、
        なので指値になります。

二次注文②: 97円でドル円の売り逆指値注文
       ※一次注文の100円よりも安くなったら売る、
        なので逆指値になります。

このようにしておけば、いつかは分かりませんが、
仮に相場が下がって98円で買うことができれば、
その後は自動的に二次注文が有効となります。
あとは、またどちらか先かは分かりませんが、
二次注文のうちどちらかが約定すれば、
もう一方は自動的にキャンセルになりますので、
相場をずっと見ていなくても大丈夫ですね。


成行注文
指値注文
逆指値注文
イフダン注文
OCO注文