指値注文

指値注文とは、買いたい価格、もしくは売りたい
価格(値段)を指定して注文する方法です。
値段を指定するので「指値」といいます。

例えば、今のドル円は100円だけど、もう少し安くなった
98円になったら買いたいので、「98円で1万ドルの買い指値」
注文をする、とか、102円まで上昇したら売りたいので、
「102円で1万ドルの売り指値」注文をする、というものです。

なお、指値注文の際の注意点ですが、
それは、買い注文であれば指値以下の価格、
売り注文であれば指値以上の価格にならなければ絶対に
注文が成立しないという点にあります。

例えば、今100円で、98.00円の買い指値をしたとしましょう。
その後相場が98.10円まで下がったとします。
しかし、98.10円まで下がっても、指値は98.00円ですので、
これでは指値の約定はしません。僅か0.01円でも
到達しなければ約定はしませんので、ご注意ください。

その意味で、指値というのは売買チャンスを逃して
しまうこともあることと、何よりも、「下がったら買う」
「上がったら売る」という相場の流れに反する売買
ですので、個人的な意見になりますが、私は使わないですね。


成行注文
逆指値注文
イフダン注文
OCO注文
イフダンOCO注文