各種景況感指数

景況感指数とは、各種機関で消費者やアナリストに
現在の景気や、今後の景気動向について聴き取りや
アンケート調査を行って集計し、その結果を
指数化した指標です。

景況感指数が低ければ景気は悪いと見られており、
逆に景況感指数が高いと景気が良いと
見られています。

■米国消費者信頼感指数

米国の民間調査機関「カンファレンス・ボード」が
毎月発表する消費者信頼感指数のこと。
1985年を100とし、数値が100未満だと1985年より
景気が悪く、100以上だと1985年より景気がいいことを
意味しております。

■ミシガン大消費者信頼感指数

米国ミシガン大学が毎月公表する消費者信頼感指数。
1966年を100とし、数値が100未満だと1966年より
景気が悪く、100以上だと景気が良いことを意味します。

■ZEW景況感指数

ドイツで毎月発表される指数で、数値がプラスのときは
景気良好、マイナスのときは景気後退気味。

■IFO景況感指数

ドイツで毎月発表される指標で、1991年を100とした
指数で数値が100未満だと1991年より景気が悪く、
100以上だと1991年より景気がよい。



 – 米国雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)
 – GDP(国内総生産)
 – 小売売上高
 – 鉱工業生産