小売売上高

小売売上高とは、米国の個人消費の動向を知る上で
重要な指標で、小売業の売上高を合計した数値のこと。

米国では商務省が毎月第2週に前月の統計を発表している。

百貨店や総合スーパーなど約13,300の小売業者を対象に
したアンケート調査で実施され、その結果をまとめた
ものが発表されます。

中でも自動車販売・同部品は比重が大きく、
個人消費の動向を確認する上でも重要視されているが、
振れ幅も大きいため、指標を見る際には注意が必要です。

米国の個人消費はGDPの70%を占めるとされ、
最終消費者の個人消費が注目されます。



 – 米国雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)
 – GDP(国内総生産)
 – 鉱工業生産
 – 各種景況感指数