少額の資金で始められる

FX(外国為替証拠金取引)は、同じ外貨を使った
外貨預金と比較して、同じ1万ドルの取引でも、
少額の資金で始めることができます。

理由は、レバレッジを利用した証拠金制度なのですが、
これについて、少し詳しく説明しましょう。

通常、1万ドルの外貨預金を始めようとした場合、
1ドルが100円なら、「1万ドル×100円=100万円」の
資金が必要です(手数料は除く)。

これが、FXならば同じ1万ドルの取引でも
もっと少額で始めることができます。

FXなら個人投資家の場合の証拠金率の多くは、
4%なので、「1万ドル×100円×4%=4万円」と、
外貨預金の25分の1の資金で始められます。

これが、FXは「少額で始められる」という
意味になります。

同じ1万ドルなら、必要な投資資金が25分の1の
ほうがいいに決まってますよね。

それでは、投資資金以外に何かカラクリが
あるのでしょうか。

まず、投資資金が25分の1になってしまうと
利益も25分の1になってしまうのでしょうか。

答えは「ノー」
利益は、外貨預金と同じで変わりはありません。

仮に、買った価格の100円よりも1円値上がりした
101円で買ってある1万ドルを売ると、外貨預金もFXも
同じ1万円の利益になります。

「(101円-100円)×1万ドル=1万円」ですね。

では、損失はどうなるでしょう。
損は25分の1になるのでしょうか。

答えは、これも「ノー」
損失も、外貨預金と同じで変わりはありません。

仮に、買った価格の100円よりも1円値下がりした
99円で買ってある1万ドルを売ると、外貨預金もFXも
同じ1万円の損失になります。

「(99円-100円)×1万ドル=-1万円」ですね。

-1万円ですから、1万円の損失です。

では、手数料が違うのでしょうか。

外貨預金の場合、銀行で行うと手数料は大体
「1ドル=1円」となっていますので、
1万ドルの取引なら、手数料は1万円ですね。

これがFXなら、多くのFX会社のオンライン取引の
手数料は無料となっていますので、
無料と1万円なら、無料がいいに決まってます。

もっと詳細にいうと、スプレッドというものを
考えなければなりませんが、スプレッドについても
FXのほうが有利です。

そのように調べてみると、FXのほうがより有利な
条件で取引できることが分かるかと思います。


  – 手数料が安い
  – 24時間取引が可能
  – 買いからも売りからも開始できる
  – 通貨はなくなることがない
  – 約定しないことはまずない