差金決済(さきんけっさい)

株等のように現物の受渡しを伴なわず、買いと売りによって発生する差金の授受による反対売買をいいます。