野村克也(日本のプロ野球選手、監督)

・努力に即効性はない。コツコツやるしかない。
 いつの時代にもいる一流選手と自分は何が違うのか。
 それを考えながらやるしかない。

・長所は意識しなくていいが、
 短所は意識しなくては修復できない。
 そして短所を補うことができれば長所も伸びる。

・なんといっても己を知ること。いまの自分には
 何が足りないのか、どこが弱いのか。
 こうしたことを正しく認識することが極めて重要です。
 それには、自分の課題について感じたり、
 考えたりする癖をつけて、感知するセンスを
 日々磨くしかありません。
 そうして自分の課題がわかったら、
 次にそれを補い、克服するための方法論を
 必死に考えるのです。

・ホームランが出る確率は王貞治だって一割を切る。
 高くはない。

・事前のシミュレーションが大切です。
 野村野球というのは、ひと言でいえば
 「準備野球」ですから。

・正しい努力をできることは野球選手として
 成功するための必須条件だといってもいいでしょう。
 これは、私の指導方針の大きな柱でもあります。
 方向違いの努力に走って、自らの才能を潰してしまう
 選手を数多く見てきましたから。

・勝つときにはいろんな勝ち方があって、
 相手が勝手にずっこけたり、勝手にミスして
 くれたりして「ああラッキー」という勝ち方もあります。
 しかし、負けるときというのは、負けるべくして
 負けるものです。
 勝負の世界にいると、勝って反省というのはできないが、
 負けたときには反省する。敗戦の中にいい教訓が
 あると思います。

・ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。

・素振りはつまらないし、回数を基準にすると続かない。
 私がこの単純作業を継続できたのは、
 振ったときのブッという振幅音に興味を持ったから。
 ミートポイントで力を爆発させるようなスイングが
 できたときは、この音が短い。
 そして、この短い音を出すためには、
 力を抜いていないとダメだということに気がついた。
 これがおもしろくて、1時間、2時間はすぐに
 過ぎていきました。

・「ON(王・長嶋)は練習でもいっさい手を抜かない。
 球界を代表するあの二人があれほど練習しているのです。
 自分たちだってやらないわけにはいきませんよ」。
 それを聞いて当時の私は、身が引き締まる
 思いがしました。

・いまの選手はあまり努力をしない。
 彼らは憧れだったプロ選手になったことで
 満足してしまっているんです。
 本当はようやく出発点に立ったに過ぎないというのに、
 そこがゴールと勘違いしてる。
 だから、チームから与えられたメニューしかやらない。
 それで一流の結果なんて
 出せるはずがないじゃないですか。

・勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。


安藤忠雄(建築家)
植木理恵(心理学者)
ウォルト・ディズニー(ウォルト・ディズニーの創業者)
岡本太郎(美術家)
勝間和代(評論家、プロ雀士)
北野武(日本のお笑いタレント、映画監督、俳優)
ゲーテ(ドイツの詩人、劇作家、小説家、政治家)
孔子(中国の思想家、哲学者、儒家の始祖)
佐々木常夫(東レ経営研究所社長)
鈴木敏文(セブン&アイホールディングス会長)
高橋がなり(ソフト・オン・デマンド(SOD)創業者)
土光敏夫(東芝社長、経団連名誉会長)
堀江貴文(日本の起業家)
マハトマ・ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者)
盛田昭夫(ソニー創業者の一人)
柳井正(ファーストリテイリング社の社長)
和田勇(積水ハウス)