2. 実践練習していない

すでに相場を行っている方はご存じのことですが、FXも相場全体も、練習をしなければ勝てません、、

前回、勉強しない人は勝てないと書きましたが、もう少し突っ込むと、勉強だけでも勝てません、、練習しない人は余程の天才でない限り勝つことはできないと思います、、

これはスポーツでも語学でも共通して言えることですが、ルールだけ勉強して、もしくは理論上の勉強をかなり行っても試合で勝てる訳ないし、英会話ができるようになるものではないのと同じです、、

野球で勝つには、点を入れなければなりませんが、点を入れるには出塁してホームベースを踏まなければなりません、、、

出塁する方法はいくつかありますが、やはり打てなきゃダメなんですよね、、

そして、打てるようになるには、日々何度も素振りをして、三振を繰り返して、アウトを繰り返して、やっと打てるようになります、、

英会話だって、文法だけを学んでも喋れるようにはなりません、、
何度も音読して、喋って、間違えて、通じなくて、でもまた音読して喋っての繰り返しで、会話ができるようになります、、

なのに、相場に限っては練習もしないで勝てると思っている方が意外に多いです、、

野球の場合、素人がいきなりプロ野球チームと戦うことはありませんが、相場という試合はプロ相手に戦う場所なんですね、、

相撲でいえば、力士と同じ土俵で戦うのと同じなんです、、

でも、それを理解していない方が多い、、
相場はなおさらなのに、、、

練習しないでプロ相手に勝てる訳がない、、

プロはそれで生活をしているので、勉強もしているし、練習もしています、、

是非ここを理解していただきたいですね、、
意識していただきたいところです、、

そのうえで、デモ口座から始めて、リアル口座に移る、、、

デモ口座でできたことが、リアル口座でできないことは良くあることです、、
ですから、そのための練習が必要なんですね、、

しかも、やみくもな練習が無駄どころか害悪になるように、練習も正しい練習が必要です、、、そうすれば勝っている10-20%の勝ち組に入れると私は思っています、、

逆に言えば、正しい練習をすればプロにも勝てるのが相場の世界です、、それって想像しただけで楽しくないですか?

どうやって練習するかの私の意見は、またご紹介できればと思います、、


1. 勉強してない
3. 損切しない(もしくは、できない)
4. 毎回の勝敗に一喜一憂する(特に負けを引きずる)
5. 負けを取り返そうと取引数量を倍にする
6. 相場を予想して、当たった外れたに拘っている
7. 損益をトータルで見ていない
8. 負けを相場のせいにする(この相場は間違っている!)
9. 負けを他人のせいにする(あの人は上がると言ったぞ!)
10. 10万円を短期間で1億円にできると思っている
11. 余裕資金以外(なけなしのお金等)で相場を行っている
12. スプレッドが狭ければ(手数料が安ければ)
  勝てると思っている

13. 期待感でトレードを行っている
14. 相場の天井と大底を狙っている
  (頭もシッポも得ようとしている)

15. 自身の取引ルールを決めていない
  (もしくは、実践していない)

16. プロはすべて勝っていると思っている人
17. 相場分析(インジケータ)を4つ以上同時に使っている
18. 指値ばかり使っている
19. 良い負け方と悪い勝ち方があることを知らない
20. スワップ金利で儲けようとしている