7. 損益をトータルで見ていない

いろいろと書いていると、書く項目に共通点が多くだんだんと似通った記事になってきているような気がして注意しながら書いています、、、

勝っている人の多くに共通していると思う点は、あくまでも主観ですが、勝敗ではなく自身のトレードスタイルに合っているかどうかを重要視している点があります、、、

ちょっと偏った見方かもしれませんが、トータルで勝っている人は、損益をトータルで見ている、、と思います、、、これは、目先の利食いとか損切りには一喜一憂せずに、週や月や年単位のトータルで見ている、、、逆にいえば、トータルで見ているからこそ目先の損益でブレない、、です、、

結局は、損益は大きな単位で見るべきで、そのためにも1回の損失は小さくするべき、ということです、、

ここから余談・・・

勝率のことを書いた際に漏れている点がありましたので、加筆させていただきますと、利食い幅と損切り幅を同じpipsにした場合、勝率が50%ならトータルでトントンですよね、、

当たり前のことですが、勝率が高いのにトータルで負けている方は利食いと損切りが間違っている、ということです、、

もちろんスキャルに近い取引で勝率を高めることが重要な場合もありますが、それでも勝率が50%以上あるのにトータルで損している方は利食いと損切りが間違っていると思います、、、

逆に、勝率が50%以下でもトータルで利益となっている方は、利食いも損切りも正しいです、、

1回の損切りで多数の利食いを飲んでしまうことは避けましょう、、、


1. 勉強してない
2. 実践練習していない
3. 損切しない(もしくは、できない)
4. 毎回の勝敗に一喜一憂する(特に負けを引きずる)
5. 負けを取り返そうと取引数量を倍にする
6. 相場を予想して、当たった外れたに拘っている
8. 負けを相場のせいにする(この相場は間違っている!)
9. 負けを他人のせいにする(あの人は上がると言ったぞ!)
10. 10万円を短期間で1億円にできると思っている
11. 余裕資金以外(なけなしのお金等)で相場を行っている
12. スプレッドが狭ければ(手数料が安ければ)
  勝てると思っている

13. 期待感でトレードを行っている
14. 相場の天井と大底を狙っている
  (頭もシッポも得ようとしている)

15. 自身の取引ルールを決めていない
  (もしくは、実践していない)

16. プロはすべて勝っていると思っている人
17. 相場分析(インジケータ)を4つ以上同時に使っている
18. 指値ばかり使っている
19. 良い負け方と悪い勝ち方があることを知らない
20. スワップ金利で儲けようとしている