15. 自身の取引ルールを決めていない(もしくは、実践していない)

これは、よく言われていることですので、今さら感がありますが念のため書きたいと思います、、

まず、行き当たりバッタリでトレードしている方いますよね、、、もしくは自身ではルールを決めているようでもその通り実践していない、、結局決めていないのと同じ、、、という方もいます、、、

では、そもそもなぜ自身の決めたルールに従って行わなければならないのか、、

それは、私の個人的な意見でありますが、まず相場に絶対がない以上、絶対に正しいというトレード手法はない。だから自分自身でルールを決めて、その上でその手法が実際に正しいかどうか、ではなくて、有効か無効か、を判断するために、ルールに従う必要がある、ということだと思っています、、

決めたルールに従わなければ、それが有効なのかどうか分かりませんから・・・

ルールに従ってある期間で利益がでるのかでないのか、、その判断をするためにある一定期間はその通り行う必要がある、、、もし有効でないならば、また別の方法を考える必要がある、、そうやってブラッシュアップしていく・・・そして、自身に合った手法が見つかれば、それを実直に行っていく・・・この繰り返しかと思います、、

上がれば買いたくなりますよね、、、
下げても買いたくなりますよね、、

分かります、、私もそうですから、、

それが自身のルールに合っていればいいですが、そうでなければトレードしてはなりません、、、ポジポジ病は卒業してください、、まずは成行はしない、、、位のルールから実践してもいいかもしれません、、、

自身のルールに従うことが正しい、ということではなくて、正しいのか(有効か)を判断するためのルール作りと、その実践ですね、、