為替は掛け算・・・応用編

今回は前回の応用編です、、、

応用というと言い過ぎかもしれませんが、知らない方は覚えておくとポジション管理がしやすくなります、、、

前回、 ドル円 × ユーロドル = ユーロ円 

という公式をご紹介しましたが、これをポジション管理に応用するとは、

もし、ドル円の買いポジションと、ユーロドルの買いポジションを同じ通貨量で保有している場合、それぞれのポジションを見なくても、ユーロ円の買いポジションを持っていることと同じですので、価格はユーロ円だけ見ていればいいわけです、、、

まあ2つのポジションだけなら、それぞれ見てもいいですが、
例えば、

ドル円の買い
ユーロドルの買い
ユーロ円の売り

この3つを保有していたら、どういうことか分かりますか?

ドル円の買いとは、 +ドル/-円
ユーロドルの買いとは、 +ユーロ/-ドル
ユーロ円の売りとは、 -ユーロ/+ドル

ということになりますので、

+ドル/-円
+ユーロ/-ドル
-ユーロ/+ドル
——————–
0(ゼロ) ですよね、、

そうです、、上記のようなポジションになっている場合は、若干の誤差は合っても、結局は何のポジションも持っていないことに等しいになります、、

では、これはどうでしょう、、
今度はアルファベット表示です、、

AUD/JPY 買い
EUR/AUD 買い
EUR/JPY 売り

これも、ポジション無しと同じですね、、

では、これはどうでしょう、、、

GBP/JPY 買い
EUR/GBP 買い
EUR/AUD 売り

これは、

+GBP/-JPY
+EUR/-GBP
-EUR/+AUD

残るのが、+AUDと-JPYですから、
「+AUD/-JPY」=「豪ドル/円の買い」ですね、、

慣れてくれば、もっと複雑なものでも見て分かるようになります、、

これが分かれば、無駄なポジション取りもなくなりますので、是非習得してください、、


 – 差損益(利益や損失)のカンタンな計算方法
 – 他通貨ペアの動きから相場を見る
 – 相場は掛け算
 – 相場は掛け算・・・応用編
 – 複利を知ると資産運用は大きく変わる!