為替は掛け算・・・

今年はもう2月だというのに、まだ1回しか更新できていませんでした、、

今いろいろとバタバタしていて、でもブログデザインは若干変更したりして動いています、、

相場もかなり変動していますが、そんな中で今日はタイトルのように「為替は掛け算」であることをご紹介したいと思います、、
すでにご存知の方も多いかも知れませんがお付き合いください、、

何が言いたいかといいますと、

ドル円 × ユーロドル = ユーロ円

例えば今、ドル円が102.00円で、ユーロドルが1.3500ドルだったとした場合、
ユーロ円は、、、

102.00円 × 1.3500 = 137.70円 になります、、

これは絶対です、、

もちろん瞬間的な動きもあるので、一瞬を捉えなければジャストの数値は出てきませんが、これは公式として成り立つものです、、

ドル円が102.00円で、ユーロドルが1.3500ドルなのに、ユーロ円が138.00円になることはあり得ません、、これがもし成り立ってしまうと、為替の理論値の定義が崩れてしまいますので、やっぱりあり得ません、、、

そして、上記が成り立つのであれば、

ユーロ円 ÷ ドル円 = ユーロドル  になります・・・

137.70円 ÷ 102.00円 = 1.3500ドル ですね、、

皆さんも、ご自身の取引画面で行ってみてください、、、

応用、、とまでは言えませんが、上記の例から

ドル円 × ポンドドル = ポンド円

ポンド円 ÷ ドル円 = ポンドドル

ドル円 × 豪ドルドル = 豪ドル円

豪ドル円 ÷ ドル円 = 豪ドルドル

ドル円 ÷ スイス円 = ドルスイスフラン

いろいろできますね、、

次回は、上記のもうちょっとした応用をご紹介したいと思います、、
応用というか考え方ですね、、
それではまた


 – 差損益(利益や損失)のカンタンな計算方法
 – 他通貨ペアの動きから相場を見る
 – 相場は掛け算
 – 相場は掛け算・・・応用編
 – 複利を知ると資産運用は大きく変わる!