5:節目といってるじゃないのHoHo~

画像をクリックすると拡大します、、
その4:節目といってるじゃないのHoHo~

前回は、買う場合には買い場を探し、
売る場合には売り場を狙って行こうよ、、

という内容で、じゃ、買い場、売り場ってどこ?なに?
それって節目じゃない?で終わりました、、




お客:
相場が転換しそうな売り場があるって聞いたんだけど、その売り場ってどこですか?

店員:
その売り場は、あちらの節目を超えたところにあります、、

お客:
節目を超えたところですか、、

店員:
はい、手前ですと買いたい人たちがたくさんいますので叩かれてしまう可能性がありますが、それだけにそこを超えるとすごい売り場が待ってます、、

お客:
凄いんですか?

店員:
はい、凄いですよ、、
その売り場は節目を超えたところにあります、、



話は戻って、
節目というのは関所みたいな壁で、常に上下している相場において、上に行く場合にはそれを抑えようとする箇所で、下に行こうとすればしっかりと支えられやすい箇所のことです、、

上に行こうとするのを抑えるということは、それだけ売りが多いということですし、

逆に下に行こうとするのを行けずに支えられてしまうのは、それだけ買いが多いというとです、、

それだけにそこをクリア出来れば、それまで以上に加速的な流れとなる可能性は高いと言えます、、だから闇雲に相場に参加するのではなく、節目を見て行きながら行うのが賢明かと思うです、、

それじゃ節目ってどこよ?
ということですが、

それは、サポート(支持線)であったり、
レジスタンス(抵抗線)を見ればいいんじゃない?
というのが持論です、、

私は難しいことは分かりませんので、
これらの節目を気にしながら行うのが相性としてはいいですね、、

上がる、下がる、を予測するのではなく、
節目を一段ずつ見ていこうよ、的な考えです、、

レジスタンスを上抜いたらその一段上が目標値、、
サポートを割り込んだらその一段下が目標値、、
みたいな感じです、、

大事なことは節目を見つけて、そこをポイントにして行こうという事です、、
それだけなんですが、それが大事です、、




1:私は当てたことがない
2:飾りじゃないのよチャートはHaHan~
3:波だといってるじゃないのHoHo~①
4:波だといってるじゃないのHoHo~②
5:節目といってるじゃないのHoHo~
6:上げでも下げでも一緒よHoHo~①
7:上げでも下げでも一緒よHoHo~②