2:飾りじゃないのよチャートはHaHan~

画像をクリックすると拡大します、、
その2:飾りじゃないのよチャートはHaHan~

それでは2回目です、、
1回目では相場を当てない、ことについて書きました、、

そして今回は「飾りじゃないのよチャートはHaHan~」ということでチャートもっと活用して行こう!的なお話です、、

前回は確率論的には50%の相場でも、流れに乗ることで相場を当てに行かない方法もあることをご紹介しました、、
といっても具体的な内容はこれからですが、、

その前に(引っ張っている訳ではないです、、)
テクニカル分析を行う上での基本的な考え方をご紹介します、、

それは、「すべては価格に反映される」ということです、、

一部ではありません、、
すべてです、、99%ではなく100%です、、

価格が決まる要素にはいろいろありますが、結局はすべての材料の結果として今の価格があるということです、、

× 100%そうかもね!
○ 100%そうだよね! です、、

で、その100%反映された価格を純粋に紙面に表現しているのが「チャート」ですから、あとは過去の傾向性や節目(追って説明していきます、)を見つけながら、仮に確立は50%でも、その流れに乗ろうということです、、

ではなぜ他の材料は取り入れずに
チャートだけを見ていくのか?

それは、

1、すべての材料が反映された価格を
2、一目の流れで表現していて
3、それに、相場場は人間が携わっていて
4、結局は同じことの繰り返しが多いから

であります、、
なんのこっちゃ、かもしれませんが真面目に答えました、、

よく歴史は繰り返される、と言われますが、それは人は変われどその傾向性は変わっていないことを意味している(はず)ということですよね、、

それなら、その傾向性も出来るだけ簡単に捉えながら(この方法も後日です、、)相場に向かえば、闇雲に行うよりもいいのではないかな?ということです、、

ということで長くなってきましたので、
また次回に、、




1:私は当てたことがない
2:飾りじゃないのよチャートはHaHan~
3:波だといってるじゃないのHoHo~①
4:波だといってるじゃないのHoHo~②
5:節目といってるじゃないのHoHo~
6:上げでも下げでも一緒よHoHo~①
7:上げでも下げでも一緒よHoHo~②