「預金」と「貯金」の違いとは?

お金を金融機関に預ける際、「預金」と「貯金」という
2つの言葉がありますが、みなさん、この2つの言葉の違い
知っていますか、、

預金は預ける、、貯金は貯める、、ですが、
実はこの2つ、
預け先である金融機関によって呼び名が違うだけで、
意味に違いはありません、、


「預金」・・銀行(都銀、地銀、長信銀)、信用組合、
      信用金庫、労働金庫

「貯金」・・ゆうちょ銀行(旧郵便局)、農協、漁協等


なお、「ゆうちょ銀行は銀行なんだから、
「預金」じゃないの?」と思う方もいるかもしれません、、

でも、これはゆうちょ銀行が民営化される前(郵便局時代)の
呼び方が今も続いているだけなんですね、、


ではなぜ、このような違いができてしまったのでしょうか、、

それは、「預金」という言葉は明治時代、企業や商店主などの
事業性のお金を銀行が一時的に預かる役割を担っていた
色合いが 強いことから、といわれています、、

これに対して「貯金」は郵便局に対して自分のお金を
「貯める」という意味合いが強かったので「貯金」という
言葉になりました、、

ということで、預金も貯金も言い方が違うだけで、
金融機関に預けるという意味では違いはありません、、