為替の種類には何がある?

「そもそも「為替(かわせ)」ってなに?」の
ところでは、為替とは現金支払い以外の方法による
決済取引であることを学びました、、

では今回は、為替には2つの種類があるということと、
その2つのうちの1つを学んで行きたいと思います、、

為替とは

まず、この図から分かるように、
為替には「内国為替」と「外国為替」があります、、

外国為替については、
今後、詳しく学んで行きますので、
今回は「内国為替」について学んで行きましょう、、

簡単に言うと、
内国為替とは「日本円だけを使った決済取引」と
いうことになります、、

例えば「銀行振込」

銀行振込は、みなさんもご存じのように
自身名義の銀行預金口座残高から、
現金を引き出すことなく、
口座残高から相手先に送金することができます、、

これも、結果的には日本円を支払ってはいますが、
直接現金ではなく、自分が使っている銀行と
相手方が使っている銀行間で振替えが行われている
だけなので、これは為替取引になるんですね、、

このように、いちいち現金を引き出すことなく、
また、現金を持ち歩くことなく、
決済取引が可能としたシステムが為替取引で、
国内で日本円で行うのが内国為替なんですね、、

銀行振込以外にも、
例えば、「為替手形」や「小切手」等、
普段の生活では使用することはないですが、
直接現金をやり取りしない方法で決済を
行うことはよくあります、、

ということで、
このように国内で共に日本円で行われる為替取引は、
内国為替と呼ばれます、、