More from: 相場の前のお金とか色々なことの話

資産と負債について

みなさんは、「資産」や「負債」と聞くと
何をイメージするでしょうか、、


まず、資産から、、

多くの人は、資産というと預金や家、自動車、
土地、貴金属等々、あとで換金できるものを
資産と捉える方が多いようです、、


また、負債とは、

借金やローン等、支払い義務があるものと
捉える人が多いです、、


これはこれで間違ってはいないのですが、
あの「金持ち父さん貧乏父さん」で有名な
ロバート・キヨサキさんは、資産と負債について、
明確にその意味を示しています、、


ロバートさん曰く、

資産とは、ポケットにお金を入れてくれるもので、
負債とは、ポケットからお金を出してしまうもの、、


これを前提に、再度資産と負債について考えると、

例えば、「家」を見てみましょう、、

ここでは「持ち家」のことですが、
この「家」は一般的には資産と考えれます、、

でも、単なる持ち家は資産ではなく、
「負債」になります、、

なぜなら、持ち家は購入後、ローンをはじめ、
メンテナンス費用、また固定資産税等、
様々な出費が重なりますが、
自分自身が住んでいるだけですので、
何も収入には繋がっていません、、

将来、財産になるんだし、、ではないんですね、、

経済成長時の右肩上がりの時代とは違い、
現在は、ものの価値が上がるものもあれば、
下がるものもあります、、

そういう意味で、家は基本的には負債になります、、


ただ、同じ「持ち家」でも
負債ではなく、資産となることもあります、、

それは、どういった場合でしょう、、

例えば、同じ家でもそれを自宅にするのではなく、
賃貸として貸し出せば、毎月の家賃収入を
もたらしてくれますので、
家に関する支出よりも、収入のほうが多くなれば
それは「資産」となります、、


同じ意味で、自動車もそうですね、、

単に自分で乗っている車なら、
自動車ローン以外にも、駐車場代、ガソリン代、
自動車税にメンテナンス費用等々がかかります、、

そのうえ、車の価値はどんどん下がっていきます、、


なので、フェラーリやクラシックカー等、
自動車の価値自体が下がらず、
転売による利益が見込めるものでなければ、
それは「負債」になります、、


ということで、投資を行う場合には、
この「資産」と「負債」についての定義を
よく理解したうえで行うようにしてください、、


これを理解しないと、
そもそも投資は何のため、、ということも
分からないまま、闇雲に行ってしまいますので、、
しっかり覚えておきましょう、、


「生き金」と「死に金」の違いについて

みなさん、よくご存知のお金の話ですが、
このお金、、

使い方によって、生かすことも、死なすことも
できるものなんですね、、


では、まずはお金の使い方の種類について、、

大きく分けると、お金の使い方は

投資、消費、浪費の3種類に分けられます、、



まずは「消費」

消費とは、社会生活上必要なもので、且つ、
支払った金額と同等程度の価値や効果が
期待できる支出のことです、、

例えば、衣食住に関するものが挙げられます、、

家賃や食費、光熱費等、ムダ使いを超えない
範囲内で使用(支出)されるものが消費です、、



次は「浪費」

浪費とは、社会生活上必ず必要なものではなく、
それでいて支払った金額程度の価値や効果が
期待できない支出(ムダ使い)のことです、、

例えば、嗜好品やギャンブルは浪費ですね、、
また、バーゲン等で購入してもあまり使用しない
ものなどは浪費に入ると思います、、

ただ、趣味など精神的に豊かさを与えてくれる
ものは、浪費ではなく「消費」や「投資」に
含まれると思います、、



最後に「投資」

投資とは、「資本を投じる」と書きますが、
資本を投じて資本を得ようとすることが
投資になります、、

当然、投資にはリスクがあります、、

ノーリスクで、、

勝率100%、、

こういった甘い言葉は今でも多く氾濫していますが、
投資にリスクがある以上、ノーリスクや勝率100%
とというものは存在しないということを知るべきです、、

ノーリスクを求めていることが
最大のリスクと知りましょう、、


繰り返しますが、
投資にはリスクが伴う以上、
絶対に損はしたくない、、という人は
投資はやめたほうがいいです、、


なお、ここではFXをはじめ相場に関する投資について
いろいろと書いていますので、トレードについて
述べましょう、、


多くの人は、トレードのリスクは理解して
トレードを行っていますが、
でも、自分自身への投資をどれだけ行って
相場に臨んでいるかは皆無かと思います、、


当たった、外れた、で行うのは
ギャンブルと変わりません、、

きちんとリスク管理をして、
取れるリスクを取った上でリスク以上のリターンを狙う、、

これが投資です、、


金利と利率と利回りについて

普段、金利と利率と利回りという言葉は目にしますが、
それぞれの違いを説明できる人は
そう多くはありません、、

ということで、
ここでは、その金利と利率と利回りの違いについて
学んで行きたいと思います、、


まず「金利」ですが、金利とは結構曖昧な言葉のため、
文脈から判断しなくてはならないことが多いですが、
一般的には、お金を貸したり、借りたりした際に
発生する手数料のことをいいます、、

そして金利は、具体的な数字(金額)で表現することが
多いですが、「金利は何%?」という質問の場合の
回答に対しては「○○%です。」という表現になるので
金額ではないですね、、


次に、「利率」ですが、
利率は「率」というだけあって「○○%」というように、
「%(パーセント)」で表現します、、

金利は具体的な数字(金額)で表すことが多いですが、
利率の場合は元品に対して「○○%」というような
表現になります、、

例えば、元品100万円に対して、

金利10万円なら、利率(年利)は10%になりますし、
 ※利率=10万円÷100万円×100

利率(年利)10%なら、金利は10万円になります、、
 ※金利=100万円×10%

このように、金利と利率は非常に似ているところが
多い言葉になりますので、
文脈から判断して理解するようにしてください、、


※利率は一般的には年利のことを指しますが、
 一日ごとに発生する利息の「日歩(ひぶ)」というものも
 ありますので、ご注意ください、、


最後に「利回り」です、、
利回りはこれまでの金利や利率とはちょっと違う
意味合いになりますので注意してください、、

利回りとは、お金を複数年や複利で預けたり、
金融商品を購入したりして、結果として発生した
利息等を1年あたりの平均額にした数値になります、、

これだけでは分からないので、
例を挙げてみましょう、、

例えば元品100万円があって、
これを3年間、年利3%(単利)で運用した場合は、

1年目 100万円×3%=3万円・・利息
2年目 100万円×3%=3万円・・利息
3年目 100万円×3%=3万円・・利息

利息合計が9万円なので、
9万円÷100万円=9%から、利回りは9%になります、、


これが、元品100万円があって、
これを3年間、年利3%(複利)で運用した場合は、

1年目 100万円×0.03%=3万円・・利息
2年目 103万円×0.03%=3万900円・・利息
3年目 106万900円×0.03%=9万2727円・・利息

利息合計が9万2727円なので、
9万2727円÷100万円=9.27%から、
利回りは9.27%になります、、

このように、
利回りの場合は単に1年間での計算であれば、
結果は年利と同じになりますが、
複利で計算する場合には違ってくるんですね、、


因みに、せっかくですので
不動産の利回りについて少しだけ触れておきます、、

不動産の利回りというと、
一般的には「表面利回り」のことを指すのですが、
この表面利回りとは、このようなことをいいます、、

満室時の年間賃料÷不動産の購入価格×100

例えば、部屋数10部屋のマンションを
5,000万円で1棟買いして、
1部屋を一律6万円で貸した場合の利回りは、

720万円÷5,000万円×100=14.4

なので、利回りは14.4%ということになります、、


以上、金利と利率と利回りについてでした、、

是非、その違いをよく知って
使い分けてください、、