More from: テクニカル分析

FXチャート-ドル円相場観_2017.8.29:相場は突然動き出す・・でも流れは変わらず・・

こんにちは、黒田です、、
よろしくお願いいたします、、

今朝、北朝鮮のミサイルのニュースが
飛び込んできて、
為替は全面円高となりました、、

ということで、チャートを見てみましょう、、

これは、ドル円の日足です、、

ドル円はこれまで200pips超えのレンジ相場となって
横ばいで推移していました、、

そんな中、今朝の北朝鮮のミサイルが
北海道上空を通過していったとのニュースで
為替は全面円高となりました、、

個人投資家の中には、
日本上空を脅かしたのに何で円が買われるんだ!
と思っている方もいるかと思います、、

日本が危ないので円が売られて円安になるのが
普通だろ!と、考えていることと思います、、

でも、これが相場なんですね、、
いい情報だから買われる、とか、
悪い情報だから売られる、という単純なことでは
ないのであります、、

では、トレードはどうしたらいいのかというと、
それは流れについていくだけなんですね、、

相場を予想してトレードしようとするから辛くなるんです、、

そもそも予想なんてできないことをしないで、
流れについていくだけで、利食いと損切りを繰り返しながら、
トータルでプラスにしていくのがトレードです、、

ということで、
レンジ相場であったドル円ですが、
理由はどうであれレンジが下にブレイクしてきましたので、
大きな流れの売り方針は変わらずであります、、

今後は、これまで同様に、
戻りがあっても、そのまま下に行っても
売り方針で進めます、、

なお、戻りはレンジ上限位までは十分売り込んで行きたい
レベルです、、

下値目標値は倍返しとして、106.50円レベルでしょうか、、


FXチャート-ドル円相場観_2017.8.23:しっかり下落した後はいつものあれになっているので・・

こんにちは、黒田です、、
よろしくお願いいたします、、

さて、ドル円ですが、
下落後のレンジ相場となっていますね、、

それでは、チャートを見ながら
ポイントを確認していきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします、、

まずはチャートからです、、

これは、ドル円の日足です、、

前から何度も申し上げているように、
下落相場が継続して、左側の赤○である
直近安値レベルまで達成しました、、

その後は、青○レベルのレジスタンスの節目まで
戻りとなりましたが、何度も抑えられる形で
強固なレジスタンスとして捉えることができますね、、

上に行けない相場は下に行くしかないので、
その後は再度下値を狙う展開となっていますが、
結局、右側の赤○のように
何度も支えられる形でサポートされています、、

このように、一カ月間にわたる下落で
直近安値レベルまでの下落を達成し、
その後はドル円特有のレンジ相場となっています、、

※週足レベルでは500pipsレベルのレンジとなっています、、

なお、レンジを見ると
200pips以上の値幅がありますので、
時間足レベルで100pips程度を狙うシナリオであれば、
トレードは可能かと思います、、

また、日足レベルでもっと大きく狙うということであれば、
逆張り後のレンジブレイクを狙ったほうが
トレードはしやすいかと思います、、

レンジが下にブレイクした場合には、
さらに下を見ていきます、、

今後の相場が上がるか下がるかは分からない話です、、

したがって、リスク管理を行いながら、
狙える利益は膨らましていく、、

相場はコントロールできませんが、
リスクはコントロールできますので、
相場で勝つにはそれが一番と思うのであります、、


FXチャート-ドル円相場観_2017.8.9:ドル円はいつものアレになっているけど方針は変わらず・・

こんにちは、黒田です、、
よろしくお願いいたします、、

相場は全体的に円が強くなっている印象がありますが、
ドル円はどうなのでしょうか、、

今後のポイントを一緒に見て行きたいと思います、、

まずはチャートを見てみましょう、、

これはドル円の日足です、、

ここしばらくはずっと売り方針で進めていますが、
最近の動向を見るとどうなのでしょうか、、

赤○で囲んでいるように、
先月末よりレンジ相場となっていますね、、

ドル円の得意技ですね、、

本日は、わずかながらレンジ下限を割り込む場面が
ありましたが、レンジブレイクという動きではないですね、、

それだけに、レンジ下限のサポートもしっかりと
している感じがします、、

こういったレンジ相場の場合、
レンジ内は逆張りで攻めていくのが教科書的な方法です、、

でも、このレンジを見る限りでは
値幅が100pipsちょっとしかないので、
レンジ内で逆張りは30pips程度の利食いを
目指す以外は止めときたいですね、、

それでは何をするのか、、

それはやっぱり戻り売りです、、
下落相場であることは変わりはありませんので、
買うという選択をするよりも
売り方針で進めていく相場ですね、、

あとはどこで売って行くか、ということになりますが、
まずはレンジ上限レベル、、
次は112.20円レベル、、
その次は一番上のラインレベル、、

ピッタリではなく、
目安として見て売り込んで行きたいですね、、

もちろん、エントリーしてダメなら自身のリスクが
取れる範囲内で損切るだけです、、

相場を予想して、
そうなるまで待つわけではありませんので、
優位性のある取引をするだけです、、

それでトータルでプラスにしていくだけです、、