More from: FXで勝つための豆知識

複利の威力(月5%は年利70%に相当)

今日は相場のことではなく、経済というかなんというか
複利についてお話したいと思います。

みなさん、複利はご存知ですよね。

念のため再確認しましょう。
Wikipediaでは、
「複利とは、複利法によって計算された利子のこと。
複利法とは、元金によって生じた利子を次期の元金に
組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも
次期の利子がつく。
したがって、各期の利子が次第に増加していく。
投資や借金などでは、雪だるま式に利子が増えて
いくことになる。」

とあります。

例えば、元本100万円に対して年利5%なら利息は5万円。
この利息の5万円を次は元本に入れてしまい、
次は105万円を元本としていくことを複利といいます。

逆に、この利息の5万円を元本とは別に切り離して、
次も元本は100万円のままでいくことを単利といいます。

なんだそれだけか、と思う人もいるかも知れません。

でもこの複利の考えは知っている、知らないでは
全然違うので、なんらかでも経済に関わるなら
知っておいたほうがいいですね。

まず、下の表を見てください。

複利

これは各金利の違いでどれ位の差が発生するかを
シミュレーションした表です。

金利は通常、年利で考えますが、
ここでは投資の話で特にFXのことなので、
月利で表にしました。
とういことで、金利ではなく投資資金に対しての
毎月の利益額ということで見てください。

まず、100.03%

これは現在の都市銀行の平均した普通預金の
金利を毎月にして計算したものです。

投資資金100万円で毎月、0.03%の利益を
上げていくと1年後には約3,000円の利益になる、
ということです。

これを見ると、如何に小さいかが分かると思います。

では次に、毎月5%の利益を上げていけばどうなるか。

2ヶ月目は5万円ですが、
これが1年後には170万円を超えてきます。

年利にすると70%です。
もう金利のレベルをはるかに超えていますね。

では、5%の利益は可能なのか。

例えば、ドル円が120円で証拠金率が4%なら、
10万ドルの証拠金は48万円ですので、
投資資金が100万円なら20万ドルの取引も可能です。

仮にポジションを抑えて10万ドルの取引で
見てみると、1ヶ月間で5%にあたる5万円の
利益を上げるには50pips(50銭分)の利益です。

1ヶ月で50pipsということは、
約20日間トレードできたとして、一日約2.5pipsの
利益で可能になる計算です。

こう考えると、そんなに難しいことではないという
ことが分かると思います。

これが20万ドルなら、一日約1.3pips位で達成します。

これで、1年後には投資資金が1.7倍になり、
2年後には3倍を超えます。

もっと頑張って月に10%なら、
1年後には2.8倍、2年後には約9倍に、

そして月に20%なら、
1年後には7.4倍になり、
2年後には66倍になります。

複利、恐るべしですね。

当然、毎月きちんとこのように運用できるとは
限りませんので、年間を通してみてみればいいですね。

投資であり、相場でありますので、
勝ったり負けたりもあります。

でもトータルで上記のような運用ができれば
凄いことになることをご理解ください。

巷には、これだけやれば1億円とか、
1日僅か10分で月に100万円とか、
煽るような言葉が多いですが、
きちんとした相場技術を持てば、
このようなことに振り回されることなく、
自身の目的に向かえるようになります。

是非、他力本願の人任せではなく、
自身の技術を磨いて目標を達成してください。


FXで勝つための豆知識

ここでは、FXで勝つための豆知識を
ご紹介します。

知っておいて損はないどころか、
是非知っておいてほしい内容ですので、
よく読んで理解してください。

これが分かるだけで、
FXの理解度が数倍に上がります。

 – 差損益(利益や損失)のカンタンな計算方法

 – 他通貨ペアの動きから相場を見る

 – 相場は掛け算

 – 相場は掛け算・・・応用編

 – 複利を知ると資産運用は大きく変わる!


他通貨ペアの動きから相場を見る

本題に入る前に、もっと手前のお話を先に
したいと思います。

みなさんは、例えばドル円の相場が
100円から105円へ変動している場合、
何という表現をしますか。

おそらく、多くの方は「円安」という
表現方法を用いていると思います。

この表現方法・・・

半分は正しいですが、半分は間違いです。

多くの方は「円安」と言葉を使うとき
相対的に円が安くなっているから、
そのように使っているかと思うのですが、
トレードを行うものとしては、
それではいけません。

では、何と言えばいいのでしょうか。

答えは、「ドル高」もしくは「円安」が
正しい表現です。

もう少し詳しくいうと、
ドルが強くて上昇しているときは「ドル高」、
円が安くて上昇しているときは「円安」です。

相場が100円から105円になっている材料には、
「ドルが強くて」なっている場合と、
「円が弱くて」なっている場合の
2種類があるからです。

逆のパターンでは、
相場が105円から100円になっている材料には、
「ドルが弱くて」なっている場合と、
「円が強くて」なっている場合の
2種類があります。

これは相場を見ていくうえで
重要なことですので、忘れないでください。

以上を踏まえて、本題に入りましょう。

冒頭では、
相場が100円から105円になっている材料には、
「ドルが強くて」なっている場合と、
「円が弱くて」なっている場合の
2種類があることをご紹介しました。

では、相場は上昇しているが、
結局のところ、「ドルが強くて」なっているか、
「円が弱くて」なっているかを見極めるには
どうしたらいいのか、が大事ですよね。

見極めの方法ですが、
それは、「他通貨ペアを見る」が回答です。

上記のドル円の場合、
ドルと円が絡んでいる通貨ペアを見るんですね。

例えば、
①ユーロ円も上昇している。
 ※ユーロ高 or 円が弱い

②ポンド円も上昇している。
 ※ポンド高 or 円が弱い

③ユーロドルは特に下落していない。
 ※ユーロは強くはない or ドル高でもない

④ポンドドルは特に下落していない。
 ※ポンドは強くはない or ドル高でもない

これらのことを統合すると、
円は弱くて、ドル高でもない、ということで、
ドル円は円安(円が弱くて)上昇している、
ということが言えることになります。

もうひとつ例え、
①ユーロ円も下落している。
 ※ユーロが弱い or 円が強い

②ポンド円も上昇している。
 ※ポンドが強い or 円が弱い

③ユーロドルは下落している。
 ※ユーロが弱い or ドルが強い

④ポンドドルは下落している。
 ※ポンドが弱い or ドルが強い

これらを統合すると、

・ユーロは弱い
・ドルは強い

ということが、言えますよね。

通貨ペアは、相対的な表示方法ですので、
どちらかが強い or 弱い、
もしくはどちらも、という場合が
あることを知ってください。

これが出来るだけで、
今何の通貨ペアで取引したほうが
いいのかが分かるようになります。


 – 差損益(利益や損失)のカンタンな計算方法
 – 他通貨ペアの動きから相場を見る
 – 相場は掛け算
 – 相場は掛け算・・・応用編
 – 複利を知ると資産運用は大きく変わる!