More from: トレードに不向きな人

トレードに不向きな人

FXのトレードをはじめ、投資に向いている人、
逆に向いていない人はいます。

ではどのような人が向いていて、
どのような人が向いていないのでしょうか。

ここでは、相場に向いていない人を紹介します。

該当する人は、FXをはじめ
投資はしないほうがいいです。

– なけなしの資金で行う人

– 一攫千金を狙っている人

– 右往左往している人

– ノウハウコレクター

– 完璧主義の人

– 勉強や練習・訓練が嫌いな人


右往左往している人

右往左往している人、、、
これいろいろな意味があります。

まず、ポジションを持っている際に、
含み益が出れば有頂天になり、
含み損となれば落ち込む、、
そうです、一喜一憂ともいいますが、
相場に振り回されることを指します。

または、
こんなトレードで儲けたよ、
と聞けばそれを行い、
チャート分析のパラメータ(設定数値)は
これがいいよ、と聞けばそうして、
今はこの銘柄なら勝てるよ、と聞けば
良く考えずにその銘柄の取引をする。

こんなことも右往左往に入ります。

右往左往している人①

また、著名な人がセミナーや講演会、
ニュース等で、今後この通貨は上がる、、
みたいな話をした途端、
自身では何も考えずにとにかく買ってみる、
とかもそうです。

要は、自身の意見や考え、シナリオも
ないのに誰かがこういっていたから、
という他力で行うことです。

参考にするのはいいですが、
この人が言っているから、、というのでは
なかなか勝てないですし、
仮に勝てても続かないですね。

何故なら、学習していないからです。

勉強とはちょっと違いますが、
人任せということで学習していない、
ということです。


– なけなしの資金で行う人
– 一攫千金を狙っている人
– ノウハウコレクター
– 完璧主義の人
– 勉強や練習・訓練が嫌いな人


なけなしの資金で行う人

これまで何度も書いていますが、
FX取引は投資であってギャンブルではありません。

これが無くなってしまえば明日からどうしよう、、、
という「なけなしの資金」で投資を行っては
いけません。

投資はあくまでも、余裕資金を使ってリスクを
コントロールしながら運用して増やしていくもの。

無くなっては暮らしていけないような
資金を投資に回していては、
いい結果など得られるわけないですよね。

なぜいい結果が得られないのか。

それは、心理状態が良くないからです。

なけなしの資金で行う人①

資金とは別の問題で何か悩みがある場合でも、
それがトレードに反映されてよくない結果と
なることもあります。

それが、資金の問題を抱えながらトレードを
行っても、早めの損切はまずできなくなるし、
利食いはあっという間に行ってしまうし、
負けパターンに陥ってしまうだけです。

トレードは、余裕の資金と心理状態で
行うことは非常に重要ですので、
ちょっと落ち込んでいるときなど、
トレードに集中できない場合には
売買を行わないことです。


– 一攫千金を狙っている人
– 右往左往している人
– ノウハウコレクター
– 完璧主義の人
– 勉強や練習・訓練が嫌いな人