More from: 相場にも共通する人生の名言・格言

本田宗一郎(ホンダ創業者)

・チャレンジして失敗を怖れるよりも、
 何もしないことを怖れろ

・人間が進歩するためには、
 まず第一歩を踏み出すことである。
 長い目で見れば人生にはムダがない。

・新しいことをやれば、必ず、しくじる。
 腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を削って、
 何度も何度もやる。
 来年も最高のエンジンを作ってやる。

・我々は、最初から苦しむ方向をとったから、
 あとは楽になった。
 真似をして楽をしたものは、
 その後に苦しむことになる。

・多くの人は皆、成功を夢見、望んでいますが、
 私は『成功は、99パーセントの失敗に与えられた
 1パーセントだ』と思っています。

・私の最大の光栄は、
 一度も失敗しないことではなく、
 倒れるごとに起きるところにある。
 私の仕事は失敗の連続であった

・日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。
 どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、
 最低なのである。

・成功者は、例え不運な事態に見舞われても、
 この試練を乗り越えたら必ず成功すると考えている。
 そして、最後まで諦めなかった人間が
 成功しているのである

・私がやった仕事で本当に成功したものは、
 全体のわずか1%にすぎない。
 99%は失敗の連続であった。
 そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である

・失敗が人間を成長させると私は考えている。
 失敗のない人なんて本当に気の毒に思う

・わたしの現在が成功というのなら、
 わたしの過去はみんな失敗が土台作りを
 していることにある。


安藤忠雄(建築家)
植木理恵(心理学者)
ウォルト・ディズニー(ウォルト・ディズニーの創業者)
岡本太郎(美術家)
勝間和代(評論家、プロ雀士)
北野武(日本のお笑いタレント、映画監督、俳優)
ゲーテ(ドイツの詩人、劇作家、小説家、政治家)
孔子(中国の思想家、哲学者、儒家の始祖)
佐々木常夫(東レ経営研究所社長)
鈴木敏文(セブン&アイホールディングス会長)
孫 正義(日本の実業家、ソフトバンクグループの創業者)
高橋がなり(ソフト・オン・デマンド(SOD)創業者)
土光敏夫(東芝社長、経団連名誉会長)
野村克也(日本のプロ野球選手、監督)
堀江貴文(日本の起業家)
マハトマ・ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者)
盛田昭夫(ソニー創業者の一人)
柳井正(ファーストリテイリング社の社長)
和田勇(積水ハウス)


松下幸之助(松下電器(現パナソニック)創業者)

・失敗したところでやめるから失敗になる。
 成功するまで続けたら、それは成功になる

・失敗の原因を素直に認識し、
 「これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった」
 というところまで心を開く人は、
 後日進歩し成長する人だと思います。

・師をそのまま模倣するだけでは
 師以上にはなれないけれど、
 その考えをよく吸収消化して自ら励んでいけば、
 師以上の人物になれるかもしれませんね。

・失敗することを恐れるよりも、
 真剣でないことを恐れたい。

・いくら熱心でも
 ムダなことやったらいけませんで。
 それがムダかどうかは、あなた自身で考えなさい。
 これはムダなことかどうか、一つひとつ検討しなさい。
 必ずムダなことをやっているに違いない。

・冷静ほど、大事なことはないのである。

・ぼくが奉公している時分に
 一人前になるためには、
 小便が赤くなるくらいにならないとあかんのや
 そういうことを二、三べん経てこないことには、
 一人前の商売人になれんぞということを、
 親方から聞いた。
 どういうことかというと、
 商売で、心配で心配でたまらん、
 もう明日にでも自殺しようかという所まで
 追い込まれたら、小便が赤くなるという。
 そういうようなことをしてきて
 初めて一人前の商売人になる。
 だから尋ねるんやが、
 あなた、儲からん儲からん言うけど、
 小便赤くなったことあるか?

・何事もゆきづまれば、
 まず、自分のものの見方を変えることである。
 案外、人は無意識の中にも
 一つの見方に執して、
 他の見方のあることを忘れがちである。

・とにかく、考えてみることである。
 工夫してみることである。
 そして、やってみることである。
 失敗すればやり直せばいい。

・どんなに悔いても過去は変わらない。
 どれほど心配したところで
 未来もどうなるものでもない。
 いま、現在に最善を尽くすことである。

・謙虚さを失った確信は、これはもう確信とはいえず、
 慢心になってしまいます。

・失敗の多くは、
 成功するまでにあきらめてしまうところに、
 原因があるように思われる。
 最後の最後まで、あきらめてはいけないのである。


安藤忠雄(建築家)
植木理恵(心理学者)
ウォルト・ディズニー(ウォルト・ディズニーの創業者)
岡本太郎(美術家)
勝間和代(評論家、プロ雀士)
北野武(日本のお笑いタレント、映画監督、俳優)
ゲーテ(ドイツの詩人、劇作家、小説家、政治家)
孔子(中国の思想家、哲学者、儒家の始祖)
佐々木常夫(東レ経営研究所社長)
鈴木敏文(セブン&アイホールディングス会長)
孫 正義(日本の実業家、ソフトバンクグループの創業者)
高橋がなり(ソフト・オン・デマンド(SOD)創業者)
土光敏夫(東芝社長、経団連名誉会長)
野村克也(日本のプロ野球選手、監督)
堀江貴文(日本の起業家)
マハトマ・ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者)
盛田昭夫(ソニー創業者の一人)
柳井正(ファーストリテイリング社の社長)
和田勇(積水ハウス)


イチロー(現役メジャーリーガー選手)

・自分が全く予想しない球が来たときにどう対応するか。
 それが大事です。
 試合では打ちたい球は来ない。
 好きな球を待っていたのでは終わってしまいます。

・何かを長期間、成し遂げるためには
 考えや行動を一貫させる必要がある。

・同じ練習をしていても、
 何を感じながらやっているかで、
 ぜんぜん結果は違ってくるわけです。

・しっかりと準備もしていないのに、
 目標を語る資格はない。

・実戦でないとできないことがあります。
 一瞬の判断は、練習では養われません。

・結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
 決してあきらめない姿勢が、
 何かを生み出すきっかけをつくる。

・自分自身が何をしたいのかを、
 忘れてはいけません。

・びっくりするような好プレイが、
 勝ちに結びつくことは少ないです。
 確実にこなさないといけないプレイを
 確実にこなせるチームは強いと思います。

・成績は出ているから今の自分でいいんだ、
 という評価を自分でしてしまっていたら、
 今の自分はない。

・少しずつ前に進んでいるという感覚は、
 人間としてすごく大事。

・努力せずに、何かできるようになる人のことを
 「天才」というのなら、僕はそうじゃない。
 努力した結果、何かができるようになる人のことを
 「天才」というのなら、僕はそうだと思う。
 人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、
 それは間違いです。


安藤忠雄(建築家)
植木理恵(心理学者)
ウォルト・ディズニー(ウォルト・ディズニーの創業者)
岡本太郎(美術家)
勝間和代(評論家、プロ雀士)
北野武(日本のお笑いタレント、映画監督、俳優)
ゲーテ(ドイツの詩人、劇作家、小説家、政治家)
孔子(中国の思想家、哲学者、儒家の始祖)
佐々木常夫(東レ経営研究所社長)
鈴木敏文(セブン&アイホールディングス会長)
孫 正義(日本の実業家、ソフトバンクグループの創業者)
高橋がなり(ソフト・オン・デマンド(SOD)創業者)
土光敏夫(東芝社長、経団連名誉会長)
野村克也(日本のプロ野球選手、監督)
堀江貴文(日本の起業家)
マハトマ・ガンジー(インドの弁護士、宗教家、政治指導者)
盛田昭夫(ソニー創業者の一人)
柳井正(ファーストリテイリング社の社長)
和田勇(積水ハウス)