More from: 相場で負けている人の共通点

21.失敗を恐れて(無視して)大失敗をするのが・・

トレードを行っていくうえで、
必ず付きまとうのが「リスク」であります、、

リスクがないところに
リターンなどないので当然のことですが、
トレードの上手い人は
このリスクとの関わり方が上手いです、、


というのは、
トレードを行っていれば、
途中からでも大なり小なりのリスクが
発生してきますが、

トレードの上手い人は、
リスクを小さいうちに摘み取ってしまって、
損害を大きくしないようにしています、、

これがトレードで負けてばかりの人は、
リスクがまだ小さいうちは、

「まだ戻るんじゃないか」
「もう少し様子を見てみよう」

といって、我慢してしまいます、、

そして、
そのうち、リスクが拡大してくると、今度は、

「ここでリスク回避すると以前より損失が
大きなってしまうから・・」

といった理由で、我慢に我慢を重ねて、

結局、
その後は自身ではどうにもならなくなり、
強制ロスカット等で相場から退場せざるを
得なくなってしまう、ということが多いです、、


みなさんは、
「ハインリッヒの法則」というものを
ご存知でしょうか、、

この法則は、
労働災害における経験則のひとつであり、

ひとつの重大な事故の背景には、
実は29の軽微な事故があり、
更にその背景には300もの”ヒヤリ”とするような
異常が存在する、、

という法則です、、


この法則は、とても実践的な法則で、
労働災害だけでなく
トレードにおいても適用することがでいます、、


この法則から導き出せる教訓としては、
大きな事故というものは、軽微な事故を防いでいれば
発生しないものであり、
軽微な事故はヒヤリとするような事故を防いでいれば
発生しないものであるということ、
ということです、、

これをトレードに適用した場合、

トレードが上手い人は、
最初の300もの”ヒヤリ”とするような場面で
リスクを回避するようにしますが、

何度も負けている人は、
最初の300はおろか、
次の29の軽微なリスクも放置してしまい、
結局重大事故につながっている場合が多いです、、


いきなりの大きな事故がないとは限りません、、

でも、多くは小さな現象の積み重ねであります、、

この小さなことを
恐れるなり、無視するなりするのか、

それとも、リスクは小さいうちに
積んでしまうことが重要と捉えて回避するのか、

その差は時間が経過するにつれて
拡大していくものです、、

ご自身がどうなのか、
たまにでも見直すことは大事なことであります、、


相場で負ける人の共通点

FX業務に携わってもう12年以上になりますが、その間、たくさんの方々と接する機会がありました、、

お客様しかり、、

業者さんしかり、、

ということで、いつもは私の勝手な相場観ばかり述べていますが、今回は相場観ばかりじゃつまらないだろうな、、なんて勝手に思って、個人的に思うところを書いてみたいと思います、、

※あくまでも個人的な意見ですので、聞き流してください、、、

まず、お客様について思うこと・・・

私自身、、これまで、本当にたくさんのお客様と接する機会を多くいただきました、、

その中で、どのような方々が相場に勝って、どのような方々が負けることが多いのか、、について気づいたことがあるので、ご紹介したいと思います、、、


1. 勉強してない

2. 実践練習していない

3. 損切しない(もしくは、できない)

4. 毎回の勝敗に一喜一憂する(特に負けを引きずる)

5. 負けを取り返そうと取引数量を倍にする

6. 相場を予想して、当たった外れたに拘っている

7. 損益をトータルで見ていない

8. 負けを相場のせいにする(この相場は間違っている!)

9. 負けを他人のせいにする(あの人は上がると言ったぞ!)

10. 10万円を短期間で1億円にできると思っている

11. 余裕資金以外(なけなしのお金等)で相場を行っている

12. スプレッドが狭ければ(手数料が安ければ)
  勝てると思っている

13. 期待感でトレードを行っている

14. 相場の天井と大底を狙っている
  (頭もシッポも得ようとしている)

15. 自身の取引ルールを決めていない
  (もしくは、実践していない)

16. プロはすべて勝っていると思っている人

17. 相場分析(インジケータ)を4つ以上同時に使っている

18. 指値ばかり使っている

19. 良い負け方と悪い勝ち方があることを知らない

20. スワップ金利で儲けようとしている


20.スワップ金利で儲けようとしている

FX(外国為替証拠金取引)を行っている方で、
スワップ金利を重要視している人は多いです。

多いというか、一番重要としている人が
いるんではないでしょうか。

でも、最初に断言しておきます。

それは、間違いです。

確かにFXでは、スワップ金利が発生しますが、
でもそれは、あくまでもオマケであって、
中心で考えるものではありません。

スワップ金利で得られる利益は、
「インカムゲイン」といい、

為替の売買で得られる利益を、
「キャピタルゲイン」といいますが、

インカムゲインよりも、
圧倒的にキャピタルゲインが大きいです。

例えば、現在のところ、
ドル/円を10,000ドル買って得られる
スワップ金利は、会社によって差はありますが、
大体一日あたり7円です。

仮に、1ヵ月間ポジションを保有した場合、
「7円 × 30日間 = 210円」なんですね。

反対に、この1ヵ月間で買った価格から
1円値下がってしまったとしましょう。

この場合の損失は、
「-1円 × 10,000ドル = -10,000円」に
なります。

インカムゲインであるスワップ金利で
210円を得ても、
キャピタルゲインである為替差で
10,000円も負けていたら、
それでいいとは言えないですね。

仮に、1年間保有していたとしても、
7円×365=2,555円、

これって、僅か25銭(0.25円)の
為替差で発生する価格です。

中には、ポジションは値が戻ってくるまで
持ちっぱなしだから、その間のスワップ金利は
利益になる、なんていう人がいますが、
値段が戻ってくる保証はありません。

ましてや、証拠金取引を行っている以上、
投資資金によっては、強制ロスカットに
なってしまうリスクもあります。

このように、スワップ金利をメインに
考えたトレードを行っていると、
いつか為替差でどうにもならなくなってしまう
ことになる可能性が高いですので、
あくまでも外貨預金ではないことを忘れず、
スワップ金利はオマケということを
意識してください。

逆に言えば、スワップ金利を支払いたくない
からと、売りから始めることをしない人が
いますが、これもあってはならないことです。

数日間、スワップ金利を支払っても、
値下がりで得られる利益の方が
ずっと大きいことを理解してください。


1. 勉強してない
2. 実践練習していない
3. 損切しない(もしくは、できない)
4. 毎回の勝敗に一喜一憂する(特に負けを引きずる)
5. 負けを取り返そうと取引数量を倍にする
6. 相場を予想して、当たった外れたに拘っている
7. 損益をトータルで見ていない
8. 負けを相場のせいにする(この相場は間違っている!)
9. 負けを他人のせいにする(あの人は上がると言ったぞ!)
10. 10万円を短期間で1億円にできると思っている
11. 余裕資金以外(なけなしのお金等)で相場を行っている
12. スプレッドが狭ければ(手数料が安ければ)
  勝てると思っている

13. 期待感でトレードを行っている
14. 相場の天井と大底を狙っている
  (頭もシッポも得ようとしている)

15. 自身の取引ルールを決めていない
  (もしくは、実践していない)

16. プロはすべて勝っていると思っている人
17. 相場分析(インジケータ)を4つ以上同時に使っている
18. 指値ばかり使っている
19. 良い負け方と悪い勝ち方があることを知らない